スタッフ活動日誌 今日もSmile

本物の悔し涙を流した時☆

2016.07.04

こんばんは!!

smile浅沼です。

 

昨日は、後山スクールの1、2年生が、初めてフットサル大会に参加しました。

 

結果は青山が書いた通り、3戦3敗…

もっと言えば、練習試合を含め5戦4敗1分け。

胸を張れる結果ではありませんが、この大会で、彼らに学んでほしかったことは、勝つこと、優勝目指すことではありません。

 

本気になること、やられてもやられても、前を向く、立ち上がる気持ちです。

 

3試合目が終わった時、子どもたちの目から涙が溢れました。

泣き崩れた子もいます。

 

それは、本気で戦って、やりきって、それでも勝てなかった悔しさ、負けるってこんなにも悔しいことなんだと実感したからこそ流れた涙だと思います。

 

この涙を感情を忘れずに、これから目標を持って練習できれば、この子たちはこれからどんどん強くなるでしょう☆

 

まだまだ小さい子どもたちでも、たくさんの大人を巻き込み、夢中にさせることができるサッカーって最高だなと、ネット越しに、大声援を送ってくれた保護者の皆さんを見ながら、一人ウルウルきてました(T-T)

次は来月、3年生が、再び挑戦します!

頑張ろう☆

 

自分の可能性はどこまであるのか?

多くの人が生まれたときから大人になる過程で無意識のうちにこここまではできる、ここまではできないと、自分自身の中で限界の線を引いている。

不可能なことなどないと思うことで、無限の可能性が生まれるのだ。

 

 

1467534823131

DSC_0578

友だち追加数