スタッフ活動日誌 今日もSmile

目の輝き

2016.07.06

こんばんは!
SMILE青山です!!

今日は、春日井にある幼稚園で年長さんの1レッスンに挑戦しました。

DSC_0069

楽しくやることも大切ですが、子どもの心に火を灯す事を目指しています。
子どもは、自信を持てた瞬間から、本当にキラキラした目をします。
NO.1になることも自信に繋がりますが、今までできなかった自分を乗り越えて、
頑張れば出来るんだ!と実感した瞬間から、目が変わります。

私はまだまだで、周りの力を借りながら何とか形になっている段階なので、
せめて一生懸命な大人の背中を見せようと思っています。

そんな中、今日はこんな出来事がありました。

鉄棒は3台用意して、レベルに分けて練習しました。
①逆上がり出来ないチーム
②逆上がりは出来るけど、連続逆上がりが出来ない又は10回以下のチーム
③連続逆上がり10回以上出来るチーム

このクラス、中々優秀で、連続逆上がりがグルグル回れる子ばかりなので、
否応なしに、逆上がり出来ない子が目立ってしまいます。

一通り練習が終わった後、いつもはスポットを浴びない逆上がり出来ないチームに、
成果を見せる場を設け、皆で声援を送り応援しました。

声援のおかげか、なんとその時初めて逆上がりが出来た子が2人も出て来たのです。

保護者からも拍手が起こり、出来た子は誇らしげでした。
出来なかった子も2人出てしまったので、あれは良かったのかと悩みましたが、
『青先生、○○の母です。今日は○○にチャンスをくれてありがとうございます。
涙が出ました』と言ってくれました。

小さい子どもたちに出来た・出来ないの優劣を付ける事に多少の戸惑いもありますが、
出来なかった子も、『なにくそ』と頑張って伸びてくれる事を信じたいと思います。

今日のこの出来事も、お世話になっているメインの先生と浅沼のサポートあっての事です。
この業界に足を踏み入れたこの最初の時期にこの2人の指導者と仕事をさせて貰えてるのは、
ものすごく幸運な事だと思います。

余談ですが、今日も保護者に声を掛けられている側で浅沼が嬉しそうに聞いていてくれて、
メインの先生に報告をしてくれていました。
こんな時、パートナーが浅沼でよかったなとすごく思います。
そのメインの先生は『出来るようにしたの俺なのに』と冗談ぽくイジケテいましたが(笑)、
最後に『今日は良かったよ』と声を掛けて頂きました。

明日は飛び込み営業頑張ります!!

友だち追加数