スタッフ活動日誌 今日もSmile

HAPPY BIRTHDAYでした(笑)7.27

2016.07.29

こんにちは!

SMILE青山です!!

私事ではありますが、一昨日は弊社社長の浅沼の誕生日でした。

ハッピーバースデー

浅沼とは大学1年からの付き合いなので、今年で約20年の付き合いになります。

長いですね。

大学を卒業してから、15年浅沼は幼児体育を通して、子どもたちを笑顔にしてきました。

私は、卒業してから建築という、モノづくりの道に携わってきました。

そして今こんな形で、同じものを共有しています。

人生何があるか分かりませんが、これも紛れもなく私自身が選んだ道なので、

頑張っていこうと思います。

image

 

さて、折角の誕生日なので浅沼の事を少しご紹介します。

浅沼は、大学でサッカーを始めて、持ち前の器用さで、みるみるうちに上達し、持ち前のリーダーシップもあり、

大学4年生の時、浅沼はキャプテンで、チームを引っ張る存在でした。

私たちのチームは、東海では強豪と言われていましたが、

全国大会では、ベスト16~ベスト8を行ったり来たりでした。

そんな実力でしたが、浅沼は、4年生でキャプテンになり、

本気で日本一になろうと、言い出しました。

浅沼のすごい所は、口先ではなく、本気でその夢を信じているということです。

そしてチームの誰よりも、チーム愛の大切さを知ってました。

そして言葉の力というものをよく知っており、

『自分たちは最高のチームだ』と、よく口にしていました。

そんな浅沼イズムが浸透してか、今思えば根拠のない自信が(笑)私たちに宿り、

いつしか私たちの合言葉は『Road to ユニバ=日本一への挑戦!!』となりました。

分からない方の為に補足をすると、ユニバとは、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場の事で、

ベスト4からの試合にしか使われない、私たちにとって聖地のような場所で、

ユニバで決勝を戦おうというのが、合言葉の意味です。

目標を明確にして、己を信じると、こんなにも団結をするのかと思うほど、

そのチームワークは素晴らしかったと、今でも思っています。

それぞれの個性も実力も、それぞれの努力の賜物ですが、

それを引き出したのは紛れもなく、浅沼の力だと私は今でも思っています。

残念ながら結果は、予選で絶対的王者と当たってしまい、相変わらずの成績でしたが、

その絶対的王者に勝ったこともあるんです。

なんとか0-0のPK戦に持ち込んで、体をボロボロにしての勝利でしたが(笑)。

 

そんな浅沼と、昨年の11月、会社を立ち上げました。

『会社』は、『社会』に貢献するためにあるのだと私は思います。

そしてこの2つは、両方とも同じ『会う』という字を使います。

会社も社会も、人が会って力を合わせるところです。

ひとりでは出来ないことを、皆でするところです。

今は、比較的安定している『大企業』や『公務員』が好まれる世の中ですが、

飛び込みをして上手くいったり、ふと人の優しさに触れたり、

慣れている場所から離れ、今までとは違う自分に出会ったり、

こんな生き方も悪くないと思います。

 

浅沼へ、また1年よろしくお願いします!

明日のイベント、成功させよう!!

 

友だち追加数