スタッフ活動日誌 今日もSmile

初心

2016.09.03

こんばんは!

SMILE青山です!!

昨日見たカンブリア宮殿で、『吉寿屋』というお菓子の卸の会社を見ました。

お菓子の卸は、誰でも出来るので、逆に言えば、生き残るための創意工夫が必要なようです。

そこの会社は、社員をすごく大切にします。

取引業者もすごく大切にします。

理由は、『社員がいて、業者がいてこそ商売が出来ているからです。』

だからこそ感謝を忘れずに、社員や業者に還元するのです。

『成功は運、失敗はすべて自分のせい』の言葉通り、

利益が出たのは、社員が頑張ったからだと、報奨金はもちろん、

じゃんけん大会で家電が当たったり、アミダくじで金の延べ棒が当たったり、

福利厚生で、ユニクロで1万円まで使える制度があったり、業者にもケースで飲み物を配ったり、

儲けは社員のおかげ、商売できるのは業者のおかげだと、

そんなこんなで年間7000万は、社員に還元するために使っているんです。

『儲かったら社員のおかげ、商売できるのは業者のおかげ』その言葉通り、

心から社員に、業者に感謝し、その感謝の気持ちを伝えることを惜しんでいないのです。

だからこそ、商売の神様に好かれているのでしょう。

そんな『吉寿屋』の創業者・会長が言った一言が印象的でした。

『初心に帰る』という言葉が嫌いだというのです。

初心

初心を貫いてそうなので、その言葉を聞いたときは少し意外でしたが、

理由を聞いて納得しました。

理由は、初心は忘れるものではなく、ずっと持ち続けなければならないからです。

シンプルだけど、『感謝』を持ち続けることは、とても困難です。

でも、人と関わる上で一番大切だと思いました。

友だち追加数