スタッフ活動日誌 今日もSmile

必死になるという事

2016.09.14

こんばんは!

お久しぶりです!

SMILE青山です!!

報告遅くなってすいません!

県の選手権大会の準決勝のご報告すると言っていたのに遅くなってすいません。

先週は準々決勝を1-1のPKでの粘り勝ち!

今週は、準決勝で3-0で負けてしまいました。

初蹴り

前後半40分づつで計80分。

後半の残り20分までは、歯を食いしばって、凌いで凌いでたまにチャンスが来て、

そんな繰返しで60分、耐えに耐えた所に決められた1点。

この1点が大きく、流れに一気に飲み込まれてしまいました。

最後、円になって話をしていた時にチームを引っ張るキャプテンがこんなことを言っていました。

あるチームメイトの汗だくで息切れした様に、

『申し訳なく思った』『自分はまだ頑張り足りないんだ』と。

必死になるのは難しいです。

必死は必ず死ぬと書きますが、『死ぬ覚悟で頑張る』という意味です。

しんどい時に一歩前に出るのは、自分の意志ですが、

『もうしんどい、動きたくない。』という気持ちも自分のものです。

そこで気持ちを奮い立たせるのは、並大抵のことではありません。

私も『体を張ったプレーをする』とよく言われますが、

そのチームメイトのは遠く及ばないと思っています。

私のプレーは、形は体を張っているけど、

感情や気持ちをコントロールする範疇の行動であると感じるからです。

そのチームメイトのプレーを見ると、感情や気持ちをコントロールする事とは別の次元で、

揺るぎない想いから、あのプレーが生まれるのだと感じます。

 

必死でやる!必死になる!

身近にあって、つい軽く使ってまう言葉ですが、

人生の中で本当の意味で必死になったことがどれくらいあったかと聞かれると、

答えるのをためらってしまいます。

土曜日は3位決定戦です。

自分の中の必死を向き合ってみようと思いました。

 

友だち追加数