スタッフ活動日誌 今日もSmile

心を込めて挨拶をする事

2016.01.24

こんばんは!

SMILE青山です。

本日は私たちが参加している東海地方のリーグの静岡まで訪れての最終戦でした。

相手は何と、大学時代の後輩が率いるチームでした。

もっとも大学の後輩とは言っても、年が大分離れているので、

一緒にプレーしていたわけではありませんが、不思議な偶然で、

10年前に、大学とは無関係の場所で出会っているんです。

最終戦

結果は3-0で快勝!!

いい試合でした。

 

折角静岡まで来たし・・・一緒にご飯行くっきゃないでしょう!

出会ったころは、サッカーの事ばかり話していたんですが、

いつの間にか、サッカーを通して人と出会い、人を育てる事で、

自分自身も成長したり、悩んだりで、時の流れを感じました。

指導者も人間です。

真剣に考えれば考えるほど悩むし、

常にベストアンサーを探すからこそブレてしまうと言っておりました。

指導するということは、導くだけではなく、決断の連続です。

その決断が間違えば、ブレを感じ取られて混乱させたら・・・

そんな悩みを抱えてるようでした。

彼女の指導する生徒たちを思い返してみると、

「おはようございます」の大きな声と自然な笑顔が印象的でした。

礼儀は傷つかないように生まれた文化です。

その基本中の基本が朝の挨拶で、

おはようは「お早いですね」という労いの言葉が、変化した言葉とも言われています。

挨拶は思いやりと労いの心の表れで、「おはよう」とは日本人の心そのものです。

確かに迷うことも、悩むことも、時には失敗することもあるでしょう。

でも、あの笑顔と元気な「おはようございます」を聞くと、

大事な心の部分はちゃんと伝えているんだなぁと、彼女を誇らしく思いました。

そして、自身を振り返り、ただの習慣として挨拶を口にしてなかったかと、反省しました。

心を込めて挨拶をする事。

大切にして行きたいと思いました。