スタッフ活動日誌 今日もSmile

成長のヒント

2017.01.20

こんばんは!
SMILEの青山です!

木曜日は、長久手の後山公園でサッカースクールでした。
後山公園

私は主に、1~2年生の練習を見ているのですが、

最近言葉遣いが少し荒くなっているのが気になっていたので、

そういう場面があったら時間を取って話をしようと決めていました。

だからいつも以上に一人一人の言動を注意深く見ました。
今日のテーマはチームワークにしたので、前半は個人技術のトレーニング、

後半は2チームに分けて1つのボールをチームで力を合わせて奪い合いをしました。
子どもたちは、チームそれぞれで話し合いながらやっていましたが、

やはり中心になるのは、強気の子どもです。
そんな中、あるひとりの子から『○○にも蹴らせてあげなよ!○○の気持ちも考えなきゃ!』

そんな言葉が聞こえて来ました。
その子は1年生で技術はトップですが、どこか自信がないのか、

不利な状況になるとすぐに諦めてしまうようなところがありました。
その子からの嬉しい一言で、こんな所もあるんだと、嬉しい発見でした。
そんな事もあり、リーダーシップがある人とは、人に命令して動かす事ではなく、

仲間の為に尽くし、仲間の力を引き出す事の出来る人です。
そんな話を子どもたちにしました。

 

言葉を荒げてしまう事、上から物を言ってしまう事、

感情が高ぶれば、ついそうなってしまいます。
思い遣りを忘れてはいけない、

でも、熱さを持たなければならない。スポーツって難しいですね。
これは、あるお母さんが言っていた言葉ですが、本当にそうです。

 

私は個人的には、感情を交えると相手の立場が見えなくなってしまうと考えているので、

感情が高ぶっている時には言葉を飲み込んでしまう事があるのですが、

それ故に伝え切れない事もあると感じます。

相手との距離感や伝える内容にもよるので、何が正解とは一概には言えないと思うのですが、

子どもたちには、想いありきで言葉を使って欲しいと思います。
想いがあれば、それが原因ですれ違ってしまったとしても、

そのすれ違いは解消出来るからです。

それにしても、やっぱりスポーツはいいですね。
たかがサッカー、されどサッカー。
課題があって、成長のヒントが詰まっています。

私もまだまだなので、サッカーを通して子どもたちと共に成長していきたいと思いました。