スタッフ活動日誌 今日もSmile

自らを信じ抜く

2017.03.06

おはようございます!

SMILEの青山です‼

今日の午前中は大府市立若宮保育園に鉄棒と跳び箱を教えに行きました。

Unicode

私の担当は年少さんの鉄棒でした。

鉄棒と聞いて身構える子、楽しそうに積極的に取り組む子、

様々でした。

その中に、新しいことに挑戦するのが苦手なのか、

並んで、いざ自分の番になると泣き出してしまう子がいました。

今日のテーマは、鉄棒に慣れて、鉄棒って楽しいな!って感じて、

鉄棒へ関心が向くようにキッカケ作りだったので、

無理にやらせるより、少しずつ少しずつやるようにしました。

最初は、緊張気味でこわばっていた顔も、仲良しのお友だちの力も借りながら、

頑張って立ち向かって、最後は笑顔を見せるようになりました。

 

今と昔は遊びの質も違い、昔は自然にやっていたことも、

今は、やり方を教えてやっと出来るようになります。

大人もそうですが、無理やりやらせても、その時は渋々やるだけで、

その時間が過ぎれば、自らやりたいとは思えません。

『やりたいと自らが思う事』『出来なくても諦めない事』

それが上達の近道です。

そして、頑張って頑張って成し遂げれば、

頑張り続けたことも、そして出来たことも、最高の成功体験となります。

最近よく、やる前から『出来ない』を連発する子どもをよく見かけます。

失敗すること=恥ずかしいこと・いけない事だと思っているからだと思います。

確かに跳び箱をピョンピョン跳んだり、

逆上がりが連続でグルグルまわれたり、それも目に見える結果としていいと思いますが、

それよりも、私が大切にしたいことは、

失敗する勇気・簡単に諦めない強い心です。

失敗する勇気とは、失敗してもヘラヘラするごまかしではなく、

諦めなければ出来るんだ!という自分を信じ抜ける心こそ、

明日を生き抜いて、可能性を無限に伸ばしていける力なのだと思いました。

 

次あう時は、またたくさん成長してるんだろうなと、今から楽しみです。