スタッフ活動日誌 今日もSmile

2017.04.19

おはようございます!

SMILEの青山です!!

昨日は春日井の幼稚園で体操教室(午後から)だったので、

午前中の時間、幼稚園にお願いして、実習をさせて貰いました。

私が入ったクラスは、年少のクラスです。

まだまだ甘えと自立の間で揺れ動いている年代なので、

泣きながら登園してくる子、

自分が好きなタイミングで好きなことが出来ないと癇癪を起す子、

言葉を掛けても、中々行動に移せない子、

色々な子がいました。

エプロン姿

今日のメインテーマは、制服を着方・脱ぎ方そして、収納場所を覚えることです。

子どもたちは、言葉を多く知っているわけではないし、

大人のように感情をコントロールできるわけではないので、

興味を持たせて、上手く誘導するしかありません。

また、ただ怒って感情をぶつけても、効果はありません。

 

再三感じていることですが、『出来ない』は、やる気喪失に繋がります。

やる気を起こすには、分かりやすさと、興味を引くこと。

このクラスでは、ウサギの人形を使って、物語形式にしていました。

そして、前に出て一人お手本をさせ、順番に練習していきました。

その順番の際、3グループに分けてやっていましたが、

このグループ分けは、園内の生活がこのグループで行動しているようで、

子どもたちは、時間はかかりながらですが、何とか行動に移せていました。

集団生活に不慣れな子どもたちは、まず慣れるのに精一杯です。

なるべくルールは習慣化させて、新しく覚えることに集中させる事、

そして興味を引く事、子どもたちをまとめるには、

この2点が大きなポイントだと感じましたが、

『興味を引く』ことに関しては、人それぞれオリジナリティーが求められる部分です。

実習ではヒントは貰えても、形にするのは、自分自身です。

ここで得たヒントを活かして、今後の指導に繋いで行けたらと思います。

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧