スタッフ活動日誌 今日もSmile

私達の存在する意味

2016.02.11

こんばんは!

SMILE青山です。

最近よくブログでも、強味の話しをするのですが、

私達が参入するこの業界は、すでに飽和状態で、SMILEでもよく『差別化』の話になります。

『差別化』とは競合他社の商品と比較して、機能やサービス面において、

差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることです。

しかし、色々な本を読んだり、思いつくままに書きなぐったりしているうちに、

そもそも、教育に『差別化』なんて必要あるのかという疑問にぶち当たりました。

 

子どもは100人いたら100人違う。

心も同じ数だけあります。

結局セオリーなどなくて、どれだけ本気で子どもと向き合えるかです。

どれだけ飛び抜けるかより、どれだけ本気で寄り添えるか。

結局のところ私達は、手の届く範囲の子どもたちに、

より深く、より本気で、真摯に向き合うしかなくて、

答えを見付けてあげるのではなく、答えを探すことの意味と行動力の種を、

子どもたちの中に蒔く事までしか出来ません。

そして、信じて見守ることで、子どもたちの背中を押すことが、

私達の存在する意味ではないでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE