スタッフ活動日誌 今日もSmile

当たり前のことを当たり前にすること

2017.05.02

こんばんは!
SMILEの青山です!

今日は、豊明市でやっているサッカースクールのレッスンでした。

レッスンが始まる前、1本の木に群がって騒いでいる子ども達を見て、

『また虫』って思って近付いて行くと、

木に引っ掛かっているスーパーのビニール袋を取ろうとして

代わる代わる木で引っ掻けようとしたり、ボールを投げて落とそうとしたりしていました。

木に引っかかったごみ

「何してんの?」と聞くと、当たり前のように、

「ゴミだから、コーチに渡そうと思って。」と返事が返って来ました。

思い返せば、最近のこのスクールの子ども達は、

ゴミを拾うのは当たり前で、私に「落ちてたから」と渡してきます。

ゴミは落ちてるから、拾うのが当たり前、

それを「何してるの?」と聞いてしまった自分を恥ずかしいと思いました。

例えば、道にゴミが落ちていて、自分が捨てたものではないから、

急いでいるからと言って、拾わない。

色々な理由を作って、当たり前の事をしない。
そんな自分を仕方がないと見過ごしてはいなかったかと、

なんだか子ども達に教えられた気がします。

当たり前の事を当たり前のようにすることは、

簡単なようで案外難しく、

成長をしたのか、今まで気付けていなかったのか、

大人よりも大人だなぁって思いました。

今日は、GWに入っているパパ達も多いせいか、

見に来ているパパが大勢居たので、

最後はパパ達にお願いして、大人VS子どもで試合をしました。

子どもたちは、なんだかんだ言って、嬉しそうで、今度は子どもの顔全開でした。

1日で色々な顔を見せてくれる子どもたちです。
来週も楽しみです。