スタッフ活動日誌 今日もSmile

ウサギと亀

2017.05.11

こんにちは!
SMILEの青山です!
今日は東海市のキッズ体操教室でした。
幼児クラスは、年少さんの男の子が新しく仲間入りしました。

新しい子がいるせいか、久し振りのせいか、

最初は皆緊張しているみたいだったので、鬼ごっこから入り、

マット、跳び箱、鉄棒をゆっくり時間をかけてやりました。
このクラスの子ども達は、皆ノビノビしていてマイペースです。
競争心を持って燃えるという事は、あまりないように思います。
頑張る!という気持ちを引き出すのは、中々大変ですが、

マイペースは個性とするのであれば、こんな考え方があります。
マイペースは、昔ばなしの『ウサギと亀』でいうなら亀です。
どんな話しだったかというと、足が速いウサギは、己の力を過信したが故に油断し、

コツコツと歩みを進めて来た亀に負けてしまう、

『油断大敵・努力は実る』そんな意味が込められている話しです。
では、ウサギは何故負けたのでしょうか?
油断したから?
自分はこう思います。
ウサギは相手に力の差を見せ付けようとする余り、目標を見失ってしまい、

反対に亀は、目標(ゴール)に辿り着く事だけを考えていた。
目標とそこへの道筋、それをちゃんと見据えていたのが亀であり、

それが勝敗を分けた理由ではないでしょうか。

ライバルがいて、切磋琢磨する。
それもまた、成長するのに必要な要素ですが、ライバルを意識する余り、

目標を見失ってしまっては、本末転倒です。

そう考えると、目標をそれぞれが持ってそれぞれがそこに向かって頑張り、

達成していけるような、そんな教室にして行こうと思いました。

小学生クラスは、嬉しい事がありました。
逆上がりを初めて出来た子がいました。
前回逆上がりを出来る基準として、

腕を曲げ、膝を抱え込んだ体制で10秒出来る事と教えました。

その子はまだまだその10秒には遠く及ばなかったので、

時間かかる事を覚悟していましたが、

昨日は何とその10秒をずっとぶら下がっていられるようになっていました。
『努力』が伝わってくる変化でした。
だから、逆上がりが出来たときは、本当に嬉しかったです。
出会った頃は『大人しくて自信無さげ』でしたが、

跳び箱も鉄棒も少しずつ色々な事が出来るようになり、

少しずつですが、自信を持てているようです。

kei
コツコツと頑張って少しずつ成長しているその子を見ると、

私も元気を貰います。周りのできている子を見ると、

ついコツコツ積み上げる事が嫌になりがちですが、

『ウサギと亀』の亀のようにコツコツ努力することは、

本当に意味があるのだと教えられました。