スタッフ活動日誌 今日もSmile

相乗効果

2017.06.08

おはようございます!
SMILEの青山です!

水曜日は、東海市のキッズ体操スクールでした。

kei

幼児クラスは段々仲間が増えてきて、賑やかになってきました。
小学生クラスは、2人体験に来てくれました。

幼児クラスは、年少さんの女の子が新しく仲間入りしたせいか、

皆テンションが高く、楽しく出来ました。

中でも年中さんの女の子は、いつもより積極的でした。

これが相乗効果というものですね。

この相乗効果、小学生クラスでもありました。
いつもは一人の小学1年生の男の子が一人黙々と頑張っていました。
それはそれで、出来ることも増えて、自信にはなっていたようですが、

やはりライバルの存在は人を成長させます。

驚いたのは、鉄棒でやっと、逆上がりが出来るようになった子ですが、

ライバル心から、どんどん高い鉄棒での逆上がりをクリアして、

とうとう(高さ調整出来る)室内鉄棒の一番高い鉄棒で出来るようになりました。
縄跳びもお互いを意識してか、2人とも最初は1回跳ぶのも苦労していたのに、

たった数分間で数十回跳べるようになりました。

初めてこの教室に入ってきた時は、自信の無さから、他の子に圧倒されがちで、

その子のお母さんも『大勢の中では、萎縮してしまう』と、

なるべく少人数でのレッスンを望んでいたようなところもあったのですが、

『ごめん。母ちゃんが間違ってたね。』と、我が子の芯の強さに気付いたようでした。

それまでも、失敗しても失敗しても粘り強くトライし続ける子でしたが、

ライバルが間近にいると、負けて挫折しても、底力が生まれ、挽回しようとします。

挫折は、ネガティブなイメージがありますが、私は必要な経験だと思います。
そして、その経験は、若ければ若いほど高い効果が、生まれます。
人の深さ、尊さ、優しさ、素晴らしさを知るきっかけにもなります。
その為には、自分を支え、成長させてくれる仲間やライバルの存在が必要です。

逆に言えば、その存在がなければ、挫折はネガティブなまま終わってしまいます。

この日このスクールでの出会いが、子どもたちにとって財産になるように、全力を尽くして行きます!