スタッフ活動日誌 今日もSmile

『負けない』ことより『その後の行動』

2017.06.12

こんばんは!

SMILEの青山です!!

木曜日は、長久手の後山公園で幼児クラスのレッスンでした。

6.8yuta

このクラスは、以前もお話しましたが、本当に負けず嫌いが多いです。

この日もこんなエピソードがありました。

シュート練習の時、最初はいつも通り、ひとりずつシュートします。

ひとりずつなので、どんなにスタートが遅くても、シュートが打てます。

次はふたりで追いかけてシュート入れた方がが勝ち!

と、どちらか勝った方しかシュート出来ないという競争という要素を取り入れました。

最初の『ヨーイ、ドン』でスタートが遅れて負けてしまうと、

負けず嫌いが顔を出し、我慢できずに泣き出してしまいました。

その子はいつも、取っ掛かりこそ時間かかるものの、

悔しさをバネにして、乗り越えてきました。

 

これは、元東北楽天ゴールデンイーグルス“星野仙一”監督の言葉です。

「悔しさ」「悔しい気持ち」大切です。

物事は簡単にはいかない。そんなときは悔しがれ。

そして、悔しさを見つめる。

悔しがるということは、エネルギーになる。

涙が出るくらいの悔しい思いこそ大切なのだ。
悔しさをバネにする。

努力、努力・・・・・

頑張る、頑張る・・・・・

積み重ねることが大事なんだ。

そんな前向きな気持ちこそが、

いいきっかけにつながっていく。
負けても「まあ、いいや」という気持ちでは、

どんな夢にチャレンジしても、

なかなかその夢に到達できない。
なぜ失敗するのか。

人は失敗から学べることもある。
昨日より今日、今日より明日、

常に目標を立てて、それにチャレンジしていく。
それをクリアしたら、捕まえたら、

また次にチャレンジしていく。
そうして、悔しさをきっちりと見つめて、バネにして、

エネルギーにした人が夢に近づくことができる。

たとえ、どんな人でも。
悔しさ、喜び、感動、挫折感、

それこそが夢への一歩につながっていく。

 

でも、悔しさをエネルギーに変えるには、

ほんの少し私たちの手助けが必要です。

ただ単に『負けたくない』の気持ちだけを優先させてしまうと、

勝ちたいが為に強い相手とはやりたくない!

難しいことはやりたくない!

そんな、目先の勝ちにこだわる子になってしまいます。

大切にしたいのは『負けない』ことではなく、

『その後の行動』です。

このクラスのほとんどは、年中さんなので、少し難しいかもしれませんが、

大切な事なので、少し時間をとってお話ししました。

 

このクラスの子どもたちは、負けず嫌いばかりです。

言い換えれば、それだけのエネルギーと可能性に満ちています。

このエネルギーを大切に育てて、成長の糧にして行きたいと思います。