スタッフ活動日誌 今日もSmile

ごめんなさい

2017.08.28

こんにちは!

SMILEの青山です‼

土曜日は、お盆明け久しぶりのキッズ体操スクールでした。

DSC_0863

子どもは少し見ないうちにどんどん成長していきます。

M君は、逆上がりが一番低い鉄棒でやっとでしたが、

この日は、高さをどんどん上げていっても、どんどんクリアしていきました。

そして、気を良くしたのか、つい他のお友達がやっているのを見ては、教えたくなり、

他のお友達が頑張っているときに、

『もっと腕を曲げなきゃいけないんだよ‼』と強めの言葉が出てしまいました。

その声の大きさにびっくりしたのか、その言葉に悔しくなってしまったのか、

涙するお友達。

そのお友達の涙に『しまった!』の顔をして固まってしまったM君。

レッスン中ではあったのですが、このままではレッスンにならないと思い、

少しお話をすることにしました。

『M君は、どんな言葉を貰ったら頑張れる?』の問いに、気まずさからか中々言葉が出てこないМ君。

そこで、M君に少し難しい事をさせて、皆で『頑張れ!頑張れ!』と応援をしました。

その言葉を背に頑張ってクリアした時、『どう?応援されたらどういう気持ちになる?』と聞きました。

そしたら『頑張ろうと思う』と答えが返ってきました。

私が導くまでもなく、気まずい顔からも、『しまった!』という想いが見えました。

でも、素直に言葉に出来なかったりもします。

『ごめんね!』その一言が簡単に言えたら、どんなに楽か分かりません。

この日も、レッスンの最後にやっと仲直りしました。

負けず嫌いでごめんなさいが言えない子どもをよく見ますが、

ごめんなさいやありがとうを素直に言えるのは、とても大事なことです。

そこも伝えていけたらいいなと思いました。