スタッフ活動日誌 今日もSmile

幸せの量

2017.09.05

こんばんは!

SMILEの青山です!!

日曜日は、東海市でかけっこの出張指導でした。

9.3出張指導

この日教えた子どもは4人で、どの子も『速くなりたい!』の気持ちが強く、

教えていて楽しかったです。

そんなたった4人の中にも、器用な子・不器用な子、要領がいい子・悪い子、

色んな子どもがいます。

その中のひとりで、唯一小学生のRちゃんですが、

話しをよく聞いていて、人一倍熱心で、

他の子が間違えていると、自分の事そっちのけで、人に教えようとします。

その子のお母さんが雑談の中で、『要領が悪くて、いつも損をしている』と言っていましたが、

私はその子の事をすごいなと思いました。

人の成功を『おめでとう』とたたえながら、内心では嫉妬する。

誰もが1度は味わった事のある感情だと思うのですが、

その時の人の心理は、『幸せの量は決まっていて、誰かが幸せを取ると、自分が損をしてしまう』

そんな発想があるからだと思います。

でも彼女は、『すべての人が満足することは可能だ』、つまり、幸せは一定ではなく、

新たに作り出していけると感じており、それこそが心の豊かさではないかと思うからです。

とはいえ、まだまだ彼女も子どもなので、もっと自分のことに必死になることも大切なのかな、

と見ていて思いました。