スタッフ活動日誌 今日もSmile

少しづつでも

2017.09.22

おはようございます!

SMILEの青山です!!

昨日は、長久手の後山公園でサッカー教室でした。

9.22後山

幼児クラスは全部で11人で、

すぐにふざける子・負け嫌いな子・すぐに遠慮してしまう子、

色々な子がいて、本当に賑やかです。

そして彼らなりに悩み、少しずつ成長しています。

例えばふざけてばかりいる子がいます。

そのおふざけの理由が、その場所にあるのか、また、彼の心の中にあるのか、

ただ周りを楽しませたいためなのか、

そのポジションをやろうとすることで、自信を保とうとしているのか、

彼にとってのその意味を探りながら、言葉を掛けたり、時に叱ったりしていくうちに、

なんとなくですが、彼の気持ちを理解できた気がします。

そして少しずつではありますが、おふざけも減ってきて、ボールへ向かう気持ちも

出てきたように思います。

 

また、最近入会した生徒で、自分以外の誰かが褒められたとき、

それに対して『何で?』と口を尖らせる子もいます。

悔しさがにじみ出たその目からは、

どんな時も自分が一番で在りたいという気持ちが、感じられます。

でも突発的な感情から出てしまった言葉なので、本人も言ってしまった後で、

後悔しているのか、少し諭すと途端にバツの悪い顔になります。

その彼は『ごめんね』=『負け』と感じるようで、中々素直に謝れません。

『ちゃんと謝れるのってかっこいいじゃん』と言うと、

『俺はそうは思わない』と反論してきます。

そんな彼も、昨日は自分から『ごめんなさい』が出来ました。

一つ一つは些細な事かもしれませんが、

その小さな積み重ねが、子どもたちの未来に繋がっているのだと思います。

9.22後山2