スタッフ活動日誌 今日もSmile

逃げないだけでは

2017.10.16

おはようございます!

SMILEの青山です‼

雨の日が続きます。

今日は私も楽しみにしておりました豊明のサッカースクールの日です。

数日前から、天気予報とにらめっこをしながら

『天気予報よ外れろ!』と念じていたのですが、朝から雨です😢

望みは薄いかもしれませんが、昼までは待って、

レッスンの有無の結論を出したいと思います。

 

さて、私は前職建築をしていたという事は、

ブログをいつも見てくれている方はご存知かと思いますが、

建築をしていた時の担当は、

その会社が施工した建築物のメンテナンスやクレーム対応でした。

顧客は店舗を経営しているオーナーさんが多かったので、

日々の営業に支障が出ないように、対応は緊急の案件が多かったです。

その為、ケースバイケースだらけで、決まりやマニュアルは存在せず、

目の前の案件をとにかくお客様が納得されるように、

だだやみくもに自己流に解決していきました。

現場に行くまで、状況はほとんど分からず、

その為車にはありとあらゆる道具が積んであり、

豊富な資材が置いてあるホームセンターにも幾度も助けられました。

そこで得た事は、『逃げないこと』です。

店舗を経営するオーナーさんにとっては、

(予約のお客さんがいる中で)お店を営業しないのは、信用を失い、

たった1日予期しない休みをするだけで、

年間で1ヶ月分の売り上げを失ってしまうと言われるほど大変なことです。

だから、現地に到着して状況を確認した時、未経験で自信のない事でも、

オーナーさんにとって、私は最後の砦で、『無理』という言葉が言えない空気を放ちます。

そんな逃げることを許されない現場で、それでもその仕事を楽しめていた理由は、

不安いっぱいで四苦八苦しながらも、何とか対応出来た先には、

とびっきりの笑顔があり、その笑顔が私に自信をくれました。

その自信は『必要としてくれている人がいる』という充実感です。

そして、今子どもの育成をするという立場に立って、

こんな自分でも必要としてくれる子も、わずかではありますが出てきています。

でも、『逃げない』だけでは、不十分だと感じています。

いくらレッスン計画を立てても、反省しても、深く読み取れていなかったり、

ピントがズレていては、経験の蓄積にはなりません。

計画性や優先順位等、反省点は色々あるのですが、

根本にあるのは、脳内の整理整頓が苦手だという事だと感じます。

だから、ノートの使い方から見直す事にしました。

マッキンゼー

もしかしたらこの本で勉強をすることですら回り道かも知れないのですが、

やってみないと回り道かどうかも分からないので、

とりあえず、やってみようと思います。