スタッフ活動日誌 今日もSmile

芽生えた感情

2017.11.17

こんにちは!

SMILEの青山です!!

昨日は、長久手の後山公園でサッカー教室でした。

10.5後山幼児集合

このクラスの子どもたちは、サッカーに初めて触れる子が多いので、
心の部分を大切に、サッカーの楽しさを伝えることを意識しています。
ボールを追いかける楽しさも、点を取る喜びも、
少しずつ伝わっているように感じます。
でも、その伝わり方には個人差があり、楽しそうにはしていますが、
『点を取りたい!』という確固たる意志や、そこに向けて発せられる意欲が、
中々伝わってこない子もいました。
あんまり欲がないのかと、様子を見ていましたが、いつも通り試合の後、
点を決めた子に拍手を送る為に、皆で整列していた時、
いつまでたっても、座り込んで動かない子がいました。
『あれ?どうしたんだろう??』と近づき、『何かあったの?』と尋ねると、
『嫌だ。言いたくない!』と下を向いたままボソリと呟きます。
いつもとは違うその様子に、少し戸惑いながらも、ある可能性が思い当りました。
彼は先週初得点を決めて、満面の笑みを見せてくれていました。
だからこそ、今日の無得点という結果に悔しいやら納得いかないやら、
自分では表現しきれない気持ちが、彼の中に芽生えているのではないだろうかと思い、
皆の前では深くは聞くことをやめました。
後から聞いた話ですが、やはり彼は、得点を出来なかったことが相当悔しかったようで、
お母さんもそんな彼を見て『嬉しかった』と言って頂きました。
サッカーの楽しさを知り、夢中になることで、嬉しさや悔しさ、そして思いやり等、
色々な感情が芽生えていきます。
その感情の芽生えを汲み取り、どう導き、成長に繋げていくかは、私次第です。
サッカーがくれたこのチャンスを生かしていけるように、頑張っていきたいと思います。