スタッフ活動日誌 今日もSmile

こうなりたい

2017.12.11

おはようございます!

SMILEの青山です!!

日曜日は、幼児の部のサッカーの練習試合でした。

各地域で頑張っている幼稚園の子どもたち、

顔を合わせるのは初めての子も多く、初めての環境で初めての相手と試合をする。

いい経験になったと思います。

りく

先日に行った小学生の練習試合に参加して2回目の経験の子もいます。

今日は、その2回目の経験をした、ある年長の男の子の話をします。

小学生の試合なので幼児年長に限定して自由参加でした。

なので、幼児はチャレンジャーという立場でした。

頑張ってはいるものの、やはり小学生とは体格や経験の差が出てしまい、

思うようにプレーが出来なかったようにみえましたが、

最後の得点者の発表では、『点を決めた人前に出てきて』の言葉に、

(得点を決めてないのに)つい、前に出て来てしまいました。

その顔は、悔しそうで、彼の中に色々な想いがあるのだろう、

だからこそ、その悔しさももどかしさも、きっと無駄にはならないだろうと

思っていた通り、彼はあれから『あれから毎日ドリブルの練習をしている』

とその子のお母さんが教えてくれました。

その甲斐あってか、鋭いドリブルと、惜しいシュートを何回もしてました。

ドリブルが上手だったと皆の前で褒められている彼は、とてもいい顔をしていました。

人はどうしても見栄や意地を張ってしまいます。

『こうなりたい』という自分の振りをしてつい背伸びをしてしまい、

後で辻褄が合わなくて苦しくなってしまいます。

でも、その辻褄を合わせる為に、一日一歩でも前に進むことで、

その差を埋めていくことが出来ます。

でも、その差をコツコツと埋めていくのは、口でいう程簡単ではありません。

強い意志と想いが必要です。

子どもながらにカッコいいなぁと思いました。

今週もサッカースクールは、各地域であります。

子どもたちの口からどんな感想が飛び出すのか、とても楽しみです。