スタッフ活動日誌 今日もSmile

初体験

2016.03.19

こんにちは!

SMILE青山です!!

昨日はある幼稚園のご厚意で研修させて頂きました。

私が研修させて頂いたクラスは、今度年中になる年小クラスのクマ組さんでした。

最初私が教室に入った時、子どもたちはもうすでに居て、

担当の先生が、子どもたちに私を紹介して下さいました。

そして、忙しいようで、「では遊んでいてください」と教室から出ていかれ、

私はしばらく子どもたちと遊ぶことに。

さすがに実習慣れしている幼稚園だけあって、

子どもたちも実習慣れしており、すぐに群がってきてくれて、

なんだかよく分からないうちに、いつの間にか、戦いごっこが始まりました。

子どもにとって大人と遊ぶのは、特別な事なのでしょう。

誰かと遊んでいる最中でも、他のか子が来て、別の所に引っ張って行こうとします。

そして、当たり前ですが、個性も様々で、

リーダーシップが取れる子、自分の意志を理屈に包んで通そうとしてくる子、

大人しくて何も言わないけどきちんと話を聞くとちゃんと自分の意志を持っている子。

当たり前の事かもしれませんが、子どもには子どもの世界があります。

お互いの個性があり、その中でなんとなくの役割分担があり、ルールがあります。

大人が口を出していいのは、子ども同士の個性がぶつかり、

筋道が分からなくなった時だけです。

何か問題が起こった時、当事者たちを集め、

当事者たちの口から状況を説明させ、どうしたらいいか考えさせ、

そうして自然に、原因と結果と追及という所で、解決に導く。

私がお世話になった担当の先生は、そんな先生でした。

大変勉強になりました。

これは、クマ組の子から貰ったプレゼントです。

子どもからのプレゼント

葉っぱも、鞄の中に大切にしまっていたものを、

わざわざ出してきてプレゼントしてくれました。

プレゼントは、何を貰うかより、誰に貰うかで、

こんなにも価値が変わるのだと、改めて思いました。

エプロン姿

このエプロンのせいで、変なおじさん扱いされた1幕もありましたが、

言うほど違和感ないですね!!

多分(笑)。

 

あっ、そうそう、偶然ですが、この幼稚園に高校の頃のクラスメイトがおりまして、

ばったり再会しました。

また新たな関係が築けそうです。