スタッフ活動日誌 今日もSmile

負けられない

2018.01.09

おはようございます!

SMILEの青山です!

6日から3日間、出張指導大盛況でした。
ご利用頂きました皆さま、ありがとうございました!

笑顔や悔し涙、新年から子どもたちの色々な顔が見れましたよ

DSC_4589

 

夜は、中学の教員をしている後輩と少し話す機会があり、

子どもの個性の話しになりました。
負けず嫌いな子・勝ちに無頓着の子、それぞれいるが、

どんな要素がそれを決めるのかという話の中で、その後輩は言っていました。
子どもたちは皆負けず嫌いですよ。

大人になるにつれて気持ちに折り合いをつけるだけだと思います。
それは一種の諦めなのだとも言っていました。

 
確かにそうかもしれません。
大人になると、経験を積み、そこで得た経験則で力を測り、

出来る・出来ないを判断し、限界を作ってしまいます。

だからこそ、出来る範囲で上手くたち振る舞える技術も引き際も身に付けてしまい、

自分の拘る所、自信のある所以外は、

案外それで満足してしまうものなのかもしれません。
そうだとするなら、子どものうちから勝ちに無頓着なのは、

個性ではなく、自分の中のパワーを知らないから、

自分の中の無限の可能性に気付いていないからという事になります。

 
その子と話していて指摘された事があります。
私自身、自分を勝ち負けにあまり拘らないマイペースな方だと思っていましたが、

例えばサッカー等仲間が絡んだ時に『負けられない』が出ていると言われました。
『負けられない』は誰の心にもありますが、

そこに気付くのが大切なのだと思いました。