スタッフ活動日誌 今日もSmile

言葉

2018.02.06

こんばんは!

SMILEの青山です!

月曜日は豊明でサッカースクールでした。
祝日ではなかったのですが、見に来た保護者も多く、『上手くなったなぁ』と言って頂けました。

29.11.20唐竹

勝敗が関わるとムキになる子どもたち。勝ちに拘るあまり、

チーム分けの時にメンバーを見て不用意に人の傷付く言葉を言う時があります。
この日、そんな場面を見掛けたので、少し時間をとり話しをしました。
人対人は、相手の立場に立って

『自分が言われて悲しくなる事は絶対に言わない。相手も同じ気持ちになるんだよ』

最初はヘラヘラしていた子もこちらが本気だと分かると、キチンと目を見て聞いてくれました。

それでも、相手を傷付けようとして言っている訳ではないので、また不用意に言葉を使う子もいるかもしれません。
言葉は針のように相手の心に突き刺さり、抜く事は出来てもその穴は残ってしまいます。
言う方に悪気が無くても、言われた方は心に傷が残ります。
子どもたちがその間違えをする度に、きちんと言わなければと思いました。