スタッフ活動日誌 今日もSmile

男子三日会わざれば刮目して見よ

2018.02.26

おはようございます!

SMILEの青山です!

日曜日は、東海市でSUNDAY体操教室でした。

SUNDAY体操教室は、平日忙しく中々通常スクールに通えない子の、

日曜日なら通えるのにとう思いから生まれたスクールです。

DSC_0863

そんなSUNDAY体操教室の常連の男の子が、昨日レッスンが始まる前、

「今日で最後になるかもしれない」と言っていました。

どういうことかと、よく話しを聞いてみると、色々なスポーツにチャレンジした中で、

野球一本絞り、本気で取り組みたいという気持ちが芽生え、

この日曜日も野球を頑張るという事でした。

「そのチームのコーチは大変厳しいそうで、入る前から『怖い~』と腰が引けているんです。」

とその子のお母さんは、言っていましたが、

『怖い』と思いながらも、その中に飛び込もうとしている彼を、私は凄いなぁと思いました。

『怖くて怖くてたまらない事』は誰にでもあるし、逃げ出したくなることだって数え切れません。

『怖い』と思っても、一歩踏み出したその勇気や、苦しい時踏ん張ったその記憶ひとつひとつの積み重ねが、

乗り越えた先にある感動が、自分を強く・確かな存在に育ててくれるのだと思います。

日本の慣用句に『男子三日会わざれば刮目して見よ』という言葉があります。

日々鍛錬する人が居れば、その人は3日も経つと見違える程成長しているものだという意味です。

今まで通りにはいかないけど、日程が合えば、またSMILEの教室や出張指導に参加してくれると言ってくれたので、

彼の成長を楽しみに、また会える日を待ちたいと思います。