スタッフ活動日誌 今日もSmile

進め

2018.04.04

おはようございます!

SMILEの青山です。

先日のSMILE CUP(サッカーの試合)でも、月曜日・火曜日とやったバスケットでも、

感じた事ですが、どうしようもないと感じる程大差をつけられて

下を向いているチームの子を鼓舞し、上を向かせる事は、簡単ではありません。
上を向くには、光が必要なのです。

おおげさな話しかもしれないけど、例えば、もしも、

琵琶湖の水をスプーンでかきだせと言われれば、

誰もが不可能だと思うでしょう。
でも、もし世界中の人がスプーンをもったとしたら、不可能じゃないかもしれません。

どんなに難しいと言われる状況かもしれないけど、一筋の希望の光が見えたとしたら、

その光を信じて、人は歩みを進める事が出来ます。
『出来るかもしれない』微かでも、望みを見出すことが出来れば、人は未来を信じれます。
子どもたちだけではありません。私自信にも、困難だと感じる事が起こります。

心がポキッと折れてしまうこともあります。

でも、光を信じて諦めずに前へ歩みを進め、

子どもたちがついていきたいと思える背中を見せたいと思いました。

o1920108013887032701[1]