スタッフ活動日誌 今日もSmile

努力と結果

2018.05.24

こんにちは!

SMILEの青山です!

生憎の雨ですね。

そのせいか、少し肌寒く、晴れた時との温度差が激しいので、

体調を崩しやすい気候ですが、頑張って行きましょう!

水曜日は、大府市のスイムクラブでアシスタントをしています。

この日は、縄跳びテストでした。

なわとび

一生懸命練習をしてきた子、練習をしてこなかった子、

思い通りの結果が出せて笑顔の子、悔しさの滲んだ顔の子、

様々な顔がありました。

中には一生懸命練習してきたのに、

思うような結果が出なかった子もいるでしょう。

努力を結果に結びつけるのに、時間が必要な場合もあります。

でもその途方に思える時間を耐え切れずに諦めてしまえば、

結果を出す事は出来ません。

努力すれば必ず結果が出るとは言い切れませんが、

ひとつ言えるのは、結果を出している人は、必ず努力をしているという事です。

そう言う私自身は、縄跳びははやぶさを練習中で、

長い長い時間をかけて、ようやく1回出来ました。

そして、そこからまた足踏み状態で、中々先に進めません。

限界を決めるのは自分です。

でも、その殻を破れるのも自分次第です。

昔、ラモスというサッカー選手が言っていました。

『テクニックは人から教わることが出来る。でもハートを鍛えるのは自分しかない。』

たかが縄跳び…かもしれませんが、

教わったテクニックを、繰り返し練習して、自分の物にしていく、その過程の中で、

そんな大切なことを学んでいるのかもしれません。