スタッフ活動日誌 今日もSmile

沼先生のひとり言vol.5☆

2018.07.03

こんにちは!!

smile浅沼です。

 

3時に起きて、ワールドカップを観る予定が、30分起きるのが遅れ、前半30分経過してるところからの観戦になりました(-_-;)

 

画面左上の得点を見て、ビックリ!!

『0-0』!!

お~!!日本頑張ってる(*゜Q゜*)

防戦一方かと思いきや、インターセプトからのカウンターで相手ゴールまで行く場面も何度かあり、これは面白い試合になるなと感じました☆

 

乾選手のヘディングシュート、大迫選手のゴール前トラップをキーパーがトンネル、得点の匂いがプンプンしていましたね。

 

そして、後半…

 

柴崎選手のスルーパスを信じて、ギア100%で走り出す原口選手!

その信じる気持ちを裏切らない絶妙なパス(^o^)v

ここしかないというコースにシュートを打ち先制!!

 

素晴らしいなと思いました。

相手ディフェンダーがヤバい!!と思ってギアを上げた時には、時すでに遅し…

原口選手はトップスピードで走り込んでいるので追いつきませんでしたね。

 

結構すぐに2点目のチャンス!!

香川選手と乾選手が近い位置でプレーしている時は面白いアイディアがたくさん出て、しかも2人が共有しているので、守るのは大変だろうなと思います。

 

乾選手、トラップから迷うことなく右角に無回転シュート☆

 

ゴール!!!!

 

ボールを持ったらいつもシュートの意識があるからこその一点でしたね。

 

まさかの2点リードの展開。

想像ですが、ピッチの選手、監督たちの想定外の展開だったと思います。

 

ハーフタイムも終わっているので、ピッチ外からの指示はあるとは思いますが、ピッチの中で、戦い方を判断し、自分達で作っていかなきゃいけない難しい状況になった…

 

次の一点をどちらが取るかで勝負が決まると思って観ていました。

2点のリードって一番難しいんです。

1点取られると1点差になるので、相手が失いかけた闘志を再燃させてしまうから…

 

そしてその1点はベルギーに…

 

シュートなの??というようなヘディングでしたが、その意外性が日本にはアンラッキーでした。

 

流れがベルギーに…

2点目は打点の高い完璧なヘディングシュートでしたね(;-Д-)

 

そして勝ち越された1点は凄い精度のカウンター( ; ゜Д゜)

 

呆然とする日本選手。

試合終了の笛が鳴り、ピッチに座り込み涙する姿に、私も涙が溢れました。

 

すぐそこにベスト8が見えていた。

本当にそう思います。

 

試合後のインタビューに答える選手の中で一番印象的だったのが、長友選手。

 

涙1つなく、清々しい顔をしていました…

 

あ~…やりきったんだなと思いました。

 

4年前のワールドカップ後には、号泣で、何をしにきたのかわからない。

何もできずに終わった。

こんな悔しいことはない。

 

と言っていた人が、4年後に見せた晴れ晴れとした表情(о´∀`о)

 

原点に戻り4年間必死に頑張ってきたことを全て出せたんだと思います。

その状態になると、負けてもやりきった!!という方が強くなり、あの笑顔になるんだよなと、昔を思い出しました。

 

なので、今回インタビューで悔し涙を流し、真っ赤な目で前を見据えていた選手たちはまた4年間次のワールドカップに向かって既に歩き出していると思います。

DSC_0748

4試合、本当にお疲れ様でした。

素晴らしい試合をありがとうございました(^o^)/

熱い指導を子どもたちにしていこう!!と再認識させてもらいました☆

 

以上、長~いひとり言でした…笑

誰か最後まで読んでくれるかな?!笑

 

あ、長友選手がこれで代表引退するかはわかりませんよ(。-∀-)