スタッフ活動日誌 今日もSmile

大切な事

2016.05.07

おはようございます!

SMILE青山です!!

昨日は、春日井の某幼稚園の体操教室のアシスタントでした。

その教室の年長さんクラスが、いつもにまして、きちんとしており、

怒られることも少なく、滞りなく進んで行きます。

その教室の主の先生は、体操がきちんと出来ている事もそうですが、

きちんと聞いていることを子どもたちに要求します。

『きちんと聞いてれば、先生出来るようにしてあげるから』と

きちんと聞くことを、一番大切にしているかのようにも見えます。

 

私は運動は得意な方で、体育の授業というレベルであれば、

苦労したことはありませんでした。

だからコツやその動作の理屈など考えなくてもできてしまいました。

そんな私が、昨日皆と一緒にカエルバランスをやる機会があり、

試みましたが、上手くいきません。

勝手に体が重くなったからだと一瞬思いましたが、

その先生が子どもに説明するのを聞きながら、

そのポイントに注意し、再チャレンジすると、いともかんたんに出来たのです。

『きちんと聞いていれば出来るようになる』を体感した瞬間でした。

 

いつもいつもお山すわりでビシッと座らせることに疑問を持っていましたが、

もしかしたら、お山すわりは、子どもたちの集中力のバロメーターで、

お山座りをビシッとさせることで、子どもたちの集中力を高めているのかもしれません。

 

 

この時期の子どもたちは、今日より明日、関わっている数時間の中でさえ成長します。

ものすごく成長が早く、まさにスポンジです。

その分一瞬一瞬が重要で、その後の人生にものすごく大きな影響を与えます。

幼児期の教育がいかに大切か、色んな分野で言われていますが、

その理由は、まさにそこにあるのでしょう。

たくちゃん

本当に色々なタイプの先生がいます。

考え方はそれぞれで、当然子どもたち個々に合う・合わないがあるとは思いますが、

そんな大切な時期に合う・合わないで片付けていいはずもなく、

ひとりひとりをより注意深く見て、そして向き合っていく事が大切なのだと思いました。